新幹線の安全な運行を支えるドクターイエローについて!

■仕事内容

ドクターイエローはどのような仕事をするのかご存知でしょうか。漠然と名前だけで考えてみると、「ドクター」と付いているので医者が乗っていると勘違いする人もいるかもしれません。新幹線などの病人を手当するために運行しているわけではないのです。ドクターイエローの仕事は、新幹線の安全な運行を実現させるために行なっています。

では、ドクターイエローは新幹線の修理を行うことなのでしょうか。少し近いのですが、これも違います。ドクターイエローそのものに新幹線の修理などをする機能は備わっていません。では、どのような仕事をするのか具体的に説明してみると「新幹線の運行に必要な線路や電気系統に不備が無いのかを確認する」というものです。新幹線が実際に運行する区間を走行しながら、そこでの線路などをチェックし、データを採取して、それを司令室に送信します。そこで何かおかしな点が見つかったら、そのデータを元にどのような修理をするのか検討して、修理を行うのです。

新幹線は運行中の車両事故が今までに一度も起こったことのないという安全神話があります。そのようなことを実現するのは、関係者各位の努力の賜物ですが、その中の一つにドクターイエローの存在があることは間違い無いでしょう。